キッチン付きアパートメントホテル!Wello Eixample Apartments(ウェロ アパートメンツ)

Wello Eixample Apartments(ウェロ アパートメンツ)スペイン
Wello Eixample Apartments(ウェロ アパートメンツ)
スポンサーリンク
すぬさん
すぬさん

オラ!SUNU TRAVELです。

Wello Eixample Apartments(ウェロ アパートメンツ)は世界遺産のカサ・バトリョまで徒歩約7分カタルーニャ広場まで徒歩約12分と立地の良い場所にありながら、周辺は静かでとても過ごし易いホテルでした。

地下鉄2号線のUniversitat駅が徒歩5分の位置にあるし、 バス停も近く、どこへ行くのも便利です。
近隣にカフェやレストラン、画廊やオフィスにスーパーマーケットなどもあり、 治安も悪くないと思います。

1LDKタイプ(シングルベット2台)で1泊15,000円+観光税+機器を壊した時に徴収されるデポジットがかかります。(2018年8月時点)

Hotels.comBooking.comagodaExpedia
https://www.barcelona-apartment.com/es/apartments/wello-apartments
スポンサーリンク

エントランス ・フロントについて

ホテルを予約した後、以下の事項についてメールでやりとりしておく必要があります。特にアパートメントホテルの場合、フロントが24時間ではない場合が多いので、到着が遅くなる時などは連絡が必須です。

  • チェックインタイム・チェックアウトタイム
  • 飛行機の便名(ディレイの可能性もあるので念のため)
  • エントランスの開け方
  • ルームキーの受け渡し方法
  • その他、リクエストなど

クンセイ・デ・セン通りに面したホテルの入口。
隣にはPANAM75というレストランや画廊、パン屋などがあります。

Wello アパートメントにはこの入口から入りますが、フロント(受付)は、クンセイ・デ・セン通りを南西に200m離れた先(5分ほど 2ブロック先)にあるCarrer de Muntaner 60というビルにあるAramunt Barcelona Apartmentホテルの1階にあります。

行ったり来たりするには、ちょっと不便ですので、チェックイン時にあらかじめ必要なアメニティ類をもらっておくのがよいです。部屋には最低限のアメニティしかおいてありません。

チェックアウト時も特に用がなければ、フロントに行かず、カードキーをテーブルに置いて出れば大丈夫です。

入口を入ると階段があり、その奥にエレベータがあります。

エレベータは大人2人とスーツケース2個で一杯になるくらいの大きさで、スピードはかなり遅いので、出かける時は階段を利用するのが早いです。

入口脇に飾られているカサ・バトリョの写真。

部屋の紹介

部屋は1LDKタイプ。入って直ぐにダイニングテーブルがあり、右側にキッチン、左手にリビングがあります。

壁はレンガ調で落ち着いた印象の部屋です。

ダイニングルーム

ダイニングテーブルの下の壁側にはコンセントがあり、電子機器の充電などはここでできます。
Wi-Fiの機器もこのテーブル下にあり、ストレスなくインターネットを使用できました。

毎日朝ごはんなどの食事はここでしていました。

ダイニングテーブルの横に収納があります。左の引き出しはTシャツや物入に使用していました。右側には鍋などの大きいキッチン用品が入っています。奥の背の高い方は掃除道具入れです。

掃除用具入れの中。洗濯物干しもあります。

リビングルーム

ゆったり目のソファーは座り心地もよく、くつろげます。
ソファの前にはテレビがあります。
便利だったのはサイドテーブルで、お酒やおつまみを置いたり、ガイドブックやPCを置いたりとても便利でした。

エアコンはパナソニック製でした。セントラル空調のホテルとは違い、細かな温度や風量設定ができるのでうれしいです。

その他、リビングには大き目のクローゼット金庫もあります。

キッチン

アパートメントホテルの良いところは、キッチンや洗濯機などがあるので、自分の家で生活しているように滞在できる点です。
ヨーロッパの料理は大変美味しいのですが、味付けが濃いことやボリュームが多いことで胃が疲れてしまうことも多いですね。
旅行に来てまでご飯作るなんてめんどくさいし、時間がもったいないと、以前は考えていましたが、自炊をすることで、その時の体調にあった食事をすることができます。

キッチンはL字で使いやすいです。2口のIHコンロと下にオーブンがあります。
IHコンロは縦型で大きいフライパンや鍋を併用するのは無理です。
小さい鍋やフライパンはありませんでした。

電子レンジと食器、キッチンツール

右は電子レンジです。使い方は日本と同じで簡単です。
流し台上には、食器、グラス、トースター、湯沸かし用のケトルなどがあります。

オーブン横の引き出しの中身。
包丁、ナイフ、栓抜き、ワインオープナー、フォークにスプーンなど一通り揃っています。
使い捨ての割り箸やマイお箸は持っていくと便利です。

流し台の下側にはゴミ箱、食洗機、洗濯機(乾燥機能なし)があります。
電子レンジ、食洗機、洗濯機はTeka社(ドイツ)の製品でした。

食洗機

フライパン、鍋も入る大型の食洗機のおかげで洗い物に時間がとられず、夜寝る前にまとめて洗ってしまえば、朝には乾いているので大変便利でした。

食洗機の洗剤は1個しかないので、チェックイン時に日数分以上をフロントでもらっておきましょう。

洗濯機

洗濯機は乾燥機能がなく、洗濯も干す手間はありますが、夜空調の下に干しっぱなしにしておけば、次の日昼くらいには乾いているのでそれほど困りませんでした。
コインランドリーを探したり、洗濯物を抱えて行ったり来たりしなくていいのは本当に無駄がなくていいです。

使い方は慣れれば簡単ですが、日本の洗濯機とだいぶ扱いが違うので、ネットの情報などを参考にしました。

洗濯洗剤はついていなかったので、日本から持って行った方が良いでしょう。

冷蔵庫

電子レンジと洗濯機の隣の木製扉が、冷蔵庫で下は冷凍庫になっています。
ホテルと違って大容量なので、大きいサイズの飲み物やアイスクリーム、冷凍食品なども購入できるのがうれしいですね。

キッチンアメニティ

スポンジ、食器用洗剤、ふきん、食洗機の洗剤があります。

サラダ用の小さいオリーブオイルとワインビネガー、塩、さとう、胡椒、お茶、コーヒーなどが袋の中に入っており、基本的なものは揃っています。

ただ、調味料は少ししか入っていないので、自炊する場合は持っていくか、近所のスーパーマーケットで買いましょう。

ショウガやドレッシング、しょうゆ、インスタント味噌汁などの小さいパックを持っていくと便利です。使わなければ、そのまま捨ててくることもできます。

寝室

リビングの反対側に寝室があります。
寝室の横にバスルームがあります。

ベッドはシングルベットが2台。 多少狭いですが、寝心地は快適でした。
5泊しましたがベットメーキングは一度もありませんでした。

ベッド両脇にはそれぞれコンセントと読書スタンドがあります。

ホテルサイトの口コミに「早朝に清掃車が通って眠れなかった」等の書き込みがありますが、気にならずぐっすりと眠れました。周辺はお店もありますが比較的静かでした。

バスルーム

バスルーム入ってすぐ目の前に洗面台、右にトイレ、左にシャワールームという作りです。
狭いですが、寝室に直結しており、機能的で不便さはありませんでした。

洗面台

洗面台や鏡のフレームが木製で、床のタイルもかわいいです。

タオルは2人分が2セットありました。
タオル交換も一度もなかったので、洗濯干しにかけて乾かしながら使用していました。

ドライヤーは備え付けタイプ。シェーバー専門のコンセントがあります。

バスアメニティ

バスアメニティはシャンプー、リンス、ボディソープ2セットと石鹸があります。
足りないようであれば、フロントへ連絡してください。

トイレ

トイレはウォシュレット無し。ビデもありませんでした。
トイレットペーパーは予備のものが1つありました。

シャワールーム

バスタブはなくシャワーのみです 。
シャワーの水圧は普通でしたが、シャワーの位置や角度が変えられないので、使いにくかったです。カゴもシャンプーなどが倒れてしまうので使いにくです。

まとめ

バルセロナのホテル、特にアシャンプラ地区のホテルは宿泊費が高いので、ウェロは立地を考えたら割安な方かもしれません。

しかし、タオルの交換や、掃除、ベッドメイキングが毎日なく、朝食もつかないことを思うとこの値段でも高いと感じる方はいるでしょう。

ただ、アクティブに観光したい方には本当に便利な立地だし、近くに美味しいお店はたくさんあるし、まるで住んでいるようにくつろげるお部屋であることは間違いないです。

注意ポイント

  • 食洗機の洗剤やバスアメニティなど、必要なものは先にフロントでもらっておく。
  • ティッシュはないので、多めに持っていくと便利。
  • 自炊する場合は調味料などを持っていく。
Hotels.comBooking.comagodaExpedia
すぬさん
すぬさん

参考になるとうれしいです。
お読みいただきありがとうございました。